ご挨拶


 弊社は、代々土地を守り続けてきた保有資産の管理業務を個人から切り離し、組織化したことに始まります。つまり資産の「保有」と「経営」を分離し、あるいは、「家業」を「ビジネス」に転換させる為に小宮恒産株式会社を1971年創業しました。以来 ビルディング賃貸を本業として、つねにROIと損益分岐点の経営2原則を念頭に、時代の変化に遅れることなく大型犬&楽器可等の差別化したマンション経営及び商業施設・医療・福祉・銀行等のテナント様と地域貢献を心掛けながら今日まで健全に歩み続けて参りました。
 今後も社是である「事業は神聖なものであるが故に、一切のこと相働きて最善と為す」の事業訓を忘れることなく足元をしっかり見つめながら、地元の皆様と共に地域の発展を心がけて参ります。
 引き続き変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。


代表取締役会長 村上 喜代次(順 改め)

社是

事業は神聖なものであるが故に、一切のこと相働きて最善と為す


経営十二訓

  • 1.長期計画の絵空事より一年計画を綿密に立てること
  • 2.売上高より現金在高重視の経営を心掛けること
  • 3.七割の勝算がなければ実行しないこと
  • 4.質問する前によく考え、推測する前に良く質問すること
  • 5.窮地に直面したら丹田に気を集中すること
  • 6.旧態依然は、落ちぶれるのが定石である
  • 7.饒舌な人と声が大きな人は、信用しないこと
  • 8.閃きこそ経験則の集大成である
  • 9.知らない時は、黙って聞くこと
  • 10.商いは相手に五割一分の花を持たせること
  • 11.厳しいことを言うときは、顔は穏やかにすること
  • 12.成功の鍵は、いつの時代でもよく調べることから始まる

商売感得:お客様は来てくださらないもの お取引先は売ってくださらないもの テナント様は出てゆくもの 賃借人様は苦情を言うもの 銀行は貸してくださらないもの 利益の出ていない会社は罪悪なもの それが商売の基本 だからこそ一番大切なものは信用であり信用の担保はお金や物ではなく人間としての誠実さ真面目さ そして何より真摯であること
地主の道:地主は連帯感に生きる 地主は孤独を生き甲斐にしなければならぬ 地主は安定こそ利潤の源泉として喜ばねばならぬ 地主は安全を欲して土着を喜ぶ
地主は大地に根を深くおろさなければならない 其の故郷は住む所すべてである 自分の墓所はこの大地である 先祖伝来の大地を活かせない地主は隠居であるにすぎぬ 石橋をたたいて歩いてはならぬ 人の作った道を用心して通るのは臆病者の仕事である 我が歩む処そのものが道である 何かあるのが人生にしてそれをひとつひとつ解決して代々続くのが地主の道である 地主は一切のこと相働きて最善を成すそして冥利と謙虚を忘れてはならない